« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »

2022年2月

2022年2月14日 (月)

梅の句 (2)

梅の句(1) 承前 
久保田万太郎(1889~1963)の句といえば、「湯豆腐やいのちのはてのうすあかり」をはじめ、「パンにバタたっぷりつけて春惜しむ」や「時計屋の時計春の夜どれがほんと」などが歳時記によく取り上げられている。
去年上梓された『久保田万太郎俳句集』(岩波文庫)の解説で恩田侑布子が「万太郎は恋句の名手」だと書いていた。子規や虚子が主導した近代俳句の隆盛のなかで取り残されてしまった恋句や相聞の流れを、万太郎は大切に次の時代へ受け渡してくれたということだろう。

多くの不運もあったにせよ、彼の結婚生活や女性関係に世間は
厳しい目を向けていたことは事実だが、しかし彼が純粋に慕い憧れ、尊敬していたひともあったにちがいない。そのひとり「おあいさん」は、ひょっとすると幼い頃彼の母代わりであった祖母の面影と重なっていたのかもしれない。

昭和20年3月10日の東京大空襲で焼死した「おあいさん」とは、吉原の名妓いく代(西村あい)のことらしい。
三月十日の空襲の夜、この世を去りたるおあいさんのありし日のおもかげをしのぶ
」と前書のある昭和20年の悼句(『草の丈』)。

 花曇かるく一ぜん食べにけり

ありし日の彼女の忙しい芸妓生活を偲び、自分もかるく食事をとったということなのだろう。また『冬三日月』には昭和24年の句として、「三月十日」の前書きをつけておあいさんを追悼している。

 さくらもち供へたる手を合せけり

そしてあまりにもよく知られた「ひそかにしるす」と前書きされている句(昭和21年(『流寓抄』)。この人がおあいさんであるかどうか諸説あるらしいが、そんな穿鑿は野暮なことだ。作句者の波瀾に満ちた人生のことなどはひとまず忘れ、早梅の芳香に酔いながら、心の中で何度も小さく口ずさんでみるのである。

   ひそかにしるす。
 わが胸にすむ人ひとり冬の梅

2qa
  自宅の部屋にて(2019年2月)

参考:
『久保田万太郎全句集』
(中央公論社 昭和53年再販)
『万太郎の一句』
(小澤實 ふらんす堂 2005年)
『久保田万太郎の俳句』
(成瀬櫻桃子 講談社文芸文庫 2021年)
『久保田万太郎俳句集』
(恩田侑布子 編 岩波文庫 2021年)

| | コメント (0)

2022年2月11日 (金)

再び明王山へ

ことし3回目の明王山。今回も迫間不動尊から登りましたが、次回は日本ラインうぬまの森からにしようかなと。
日陰道は雪が5センチぐらい残っている所もありました。
Ppdsc01092
伊吹山。午前中だったらもっと鮮やかにちがいない。右中央に岐阜城・金華山。
Hdddsc01137
御嶽山。噴煙の様子ははっきり確認できません。他にも能郷白山などの眺望は良かったが、中央アルプス、恵那山方面はほとんど雲に隠れていました。
Ondsc01257
時間的にラッキーだったのか、望遠レンズを向けると、光る伊勢湾や浮かぶタンカー、名古屋港のキリンの形をしたガントリークレーンなどが見えました。距離約48㌔。
Eedsc01206
登山口に戻った頃には汗だく。
があれば飛び込みた~い、そんな気持ちを託して・・・
Tjidsc01310_20220212162601

| | コメント (0)

2022年2月 1日 (火)

梅の句 (1)

ことしは今日2月1日が旧暦の元日。週のおわりはもう立春。
昼過ぎから「うぬまの森」で二時間ほど登ったり歩いたりしながら過ごした。梅の便りが届き始めているので、近所ではどうかなと期待しながら夕刻「大縣神社」に立ち寄ってみたが、蕾は固いままだった。

夜、『久保田万太郎俳句集』(岩波文庫)を手に取リ、「梅」の句の幾つかをあらためて眺めていたが、そのことは次回にでも。
Kiodsc05450
膨らみはじめた「しだれ梅」 大縣神社(1/Feb./2022)

| | コメント (0)

« 2022年1月 | トップページ | 2022年3月 »