« はじめに | トップページ | 軍歴 その2 「東南アジア」 »

2017年1月 7日 (土)

軍歴 その1「東アジア」

あらかじめ、父の大まかな軍歴を「その1」「その2」として記しておきます。

1922(大正11)年岐阜市生まれ。夭折した3人以外に兄弟は7人。三男。
高等小学校卒業後、工員となるも、18歳で陸軍に志願。
野戦工兵、渡河工兵を経て船舶工兵に。戦時最終階級は軍曹(降伏後曹長)。
中国、スマトラ、マレーを転戦。降伏後シンガポール等で約1年半の抑留生活。
なお軍歴の詳細は、父が書き遺したもの以外に、私の調査した結果も含みます。

 

1940(S15)年 18歳
12. 1  志願兵として豊橋の工兵第3連隊入隊  北支派遣要員となる
12. 8   熱田神宮参拝後、名古屋港から出征  「大日丸」に乗船
12.16   天津・大沽(太沽)に上陸
12.19   山西省「大同」 第26師団「工兵第26連隊」第二中隊編入

1941(S16)年 19歳
 4末   第1期初年兵教育修了
6.  1   陸軍一等兵 
6 (?)   将校斥候の一員として外蒙国境偵察(五原?五奉子?)
6~8   「包頭」で渡河訓練
9 (?)   連隊は「河南鄭州攻略戦」に出動するも自身は残留
         温河の大同鉄橋の警備等に従事  9月末、母の訃報を知る  
12. 8   米英両国への宣戦詔書

1942(S17)年 20歳
3. 1   「開封」「関東軍 独立工兵第53大隊」へ編入
5. 1   陸軍上等兵
6 (?)  「斉斉哈爾」「関東軍下士官候補者隊」へ派遣
10. 1  大隊は「浙贛(セッカン)作戦」に参加( ~11月)
11.25  陸軍兵長
11.30  下士官候補者教育修了
12. 1  斉斉哈爾より「蚌埠」の原隊に復帰
12.25  陸軍伍長
        「船舶工兵第10連隊」要員として上海へ移駐
          補充兵第一期教育の助教(~1943.2)

1943(S18)年 21歳
3 (?)  上海の「呉淞」へ移駐
4.16   舟艇特別訓練のため広島・宇品「陸軍船舶練習部」へ出向
4 (?)   特別休暇で岐阜の実家に帰省
6. 9  突然訓練中止となり、特殊船「摩耶山丸」で宇品を出港
          伊万里湾から「吉林丸」と2隻で出港 
          第38号哨戒艇(もと駆逐艦「蓬」)も呉淞まで同行、
          のち離脱 
6.10   呉淞に寄港  連隊要員と舟艇を乗せ、「関西丸」も合流して出港 
          途中、台湾・澎湖島「馬公」に寄港   
6.20   シンガポール港着 停泊後上陸

|

« はじめに | トップページ | 軍歴 その2 「東南アジア」 »

Ⅰ はじめに」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« はじめに | トップページ | 軍歴 その2 「東南アジア」 »